移転理由から考えるべき

オフィス

現在使っているオフィスから移転を希望する時、どのような条件で探すことが良いことになるのか考えてみました。まずは、今使っているオフィス移転をする理由をハッキリ確認することが必要です。家賃が高い、場所が不便、オフィスが狭いなど、いろいろな理由が考えられ、移転を希望するオフィスはこれら問題になる個所の解消が必要になります。入居にかかる費用も問題ですが、それ以上大事なことは環境が整っているのかと言うことです。社員の通勤に負担のかかる場所にならないことや、車を所有している時には駐車場の確保も必要になります。また清潔さも求められることになり、トイレを含む水回りにも配慮が必要です。オフィス内では空調設備がしっかりしていることやネット環境が整っていることも確認することが必要となって来ます。

立地条件やオフィスの広さの確認も

オフィス

オフィス移転を考える時、立地条件が大事なことになり、希望する場所周辺にある不動産屋へ行き情報をもらうことも大切です。インターネットで調べることも出来ますが、自分の足で確認し実際に見てみることをする必要があります。実際にオフィスへ入ることで、事務机や椅子、応接セットから書類棚の設置場所に無理はないかの確認をすることになります。室内まで確認することは予算を知ってのことから、妥協出来る部分と出来ない部分の堺を決めることになり、予算と釣り合うことになれば借りる方向へ進んでも良いと思われます。と言うのも希望する全てに合致するオフィス探しは非常に難しいことで、どこか妥協をすることも考えておくと良いからです。しかしその妥協も優先順位を立てておき、譲ることの出来ないものを決めておくこともオフィス探しには必要なことになります。特に費用の面での問題がある時には、不動産屋と相談してみる価値があると思われます。

周辺環境を知ることも必要なこと

仕事

新しいオフィス移転先が見つかった時には、契約することになりその場合会社の登記簿謄本が必要になります。もし個人事業主と言う時には、過去に渡り数年分の所得証明を求められる場合も出て来ることがあります。また取引銀行口座を求められることもあり、契約時には持参しておくことが無難なことになります。契約書を交わすことになるのですが、その内容をしっかり確認しなければいけません。軽く目を通しただけではダメで、契約に問題はないのか不利な点はないのかと言った確認もすることが必要です。オフィス移転は簡単に考えてはいけません。長く仕事をする場になる訳ですから、ビルに入居する場合などはテナントしている企業の確認もしておくべきです。またどんな人が出入りしているのかもわかると雰囲気を掴むことが出来、働きやすい環境か否かの判断もしやすくなると考えられます。

広告募集中